下肢静脈瘤治療の負担軽減|女性に多い下肢静脈瘤は発症しても治療で改善できる

下肢静脈瘤のサインをチェック!こんな症状に要注意

早めにクリニックへの受診が大切

足の血管に瘤ができる状態を下肢静脈瘤と呼んでいます。血管に瘤ができると、何か悪性の病気であると心配になる人も少なくありません。基本的には良性の疾患であるため、命にかかわる危険性は少ないといわれています。しかし長い期間放置しておくと、体のだるさやむくみなどを生じじることがあります。生活の質にも関わるので早めに治療を受けると良いでしょう。

下肢静脈瘤で気になる症状ランキング

no.1

足の血管が浮き出て見えます

下肢静脈瘤は足の静脈の血管が瘤になるため、血管が浮き出て見えることがあります。血管が膨らんでくることで、見た目を気にする人が少なくありません。血管の中にある血液の逆流を防ぐ弁が機能しないときに、血液が逆流することで瘤が発生します。

no.2

足がむくみ、ふくらはぎがだるく感じます

下肢静脈瘤になると、下肢の血流が滞ることで血管内に瘤が発生します。また、下肢静脈瘤のほとんどがふくらはぎ部位に生じるといわれています。そのため、足がむくんでふくらはぎ部位を重苦しく感じる患者が少なくありません。

no.3

足に湿疹ができたり痒みを感じたりします

血液の流れが滞りやすくなる下肢静脈瘤では、下肢のうっ血が生じる原因ともなります。そのような状態が続くと下肢に痒みを感じることが少なくありません。またまれに湿疹ができることがあり、更に痒みを強く感じることがあります。

no.4

足がつってこむら返りを起こすことがあります

こむら返りとは足のふくらはぎの筋肉が痙攣することで生じます。明け方になることが多く、激し痛みを生じることがあります。健康な人でも生じることがありますが、下肢静脈瘤が原因でこむら返りを経験する人も少なくありません。

no.5

色素沈着や潰瘍ができることがあります

下肢静脈瘤になると病変部位が皮膚変色を起こすことがあり、それが色素沈着につながります。また下肢静脈瘤を長期間放置しておくと、皮膚が破れて潰瘍を引き起こすことがあります。そのため早期発見・早期治療が必要です。

下肢静脈瘤治療の負担軽減

足

下肢静脈瘤の治療の流れ

下肢静脈瘤の治療は血管外科で行いますが、心臓血管外科や一般の外科でも治療することがあります。ただし、受診前に治療が受け荒れるか確認しておくと良いでしょう。まず治療を開始するにあたり簡単な問診を受けます。いつごろから症状があって、現在どのような状態かを聞き取ります。また他に持っている病気や、飲んでいる薬があればその情報も聞き取ります。そして医師が視診や触診を行い、患部の状態を詳しく観察します。また外見からでは分からない状態を確認するために、エコー検査やCT検査などを実施します。これらの検査をもとに診断を行い治療方法を選択しますが、医師と話し合いながら最適な治療方法を決めていきます。

送迎サービスがあるクリニックを選ぼう

下肢静脈瘤は足に生じる疾患でだるさを伴うことが多いです。もちろんクリニックでの治療が必要となりますが、通院を負担に感じる患者も少なくありません。特に駅やバス停などから離れているクリニックに通院すると、続けて通うことを億劫に感じることがあります。
そこで医療機関の中にはサービス向上を図って、患者の負担を減らす取り組みを行っているところがあります。下肢静脈瘤を専門に診てくれる医療機関の中には、送迎サービスを実施している施設があります。毎時何分というように出発時刻が定まっていますが、最寄駅からクリニックまで送迎してくれるので大変助かります。もちろん帰りも受付で申し込めば送迎してくれます。

弾性ストッキングも下肢静脈瘤の治療に効果的!

下肢に血流が滞ることで生じる下肢静脈瘤は医師による治療が必要です。また治療を受けながら日常生活を見直すことでも、症状を和らげることができます。その一つに足を締め付ける効果がある弾性ストッキングの着用があります。足を締めつけることによって、ふくらはぎの筋ポンプ作用を改善させ、静脈還流を促進して血液の逆流を抑えます。そうすることで足に血液が溜まることを防ぎ、下肢静脈瘤を軽減させるのです。また、弾性ストッキングを履くことで、血液をスムーズに心臓まで運ぶこともできるのです。弾性ストッキングには、ハイソックスタイプ・ストッキングタイプ・パンストタイプがあります。

仮予約ができるクリニックもある

下肢静脈瘤の治療を受けるときに仮予約ができると、スケジュールの確保がしやすいのでとても便利です。また下肢静脈瘤では日帰り手術を行うクリニックが増えており、予め仮予約を入れておくと何かと都合が良いです。またクリニックによっては、完全予約制を採用している施設もあります。現在ではホームページを開設している医療機関が増えており、仮予約フォームから気軽に手続きを済ませることが可能です。また下肢静脈瘤を専門に受け付けているクリニックの中には、土日祝日も診療を行っているところが増えているので、平日に時間が取れない患者でも仮予約をすることができます。

広告募集中